いまにし歯科Blog
| ハロアル新聞8月号より

ハロアル新聞8月号より

2017年12月1日 10:23 AM


皆さん暑い日が続きますがくれぐれも熱中症など体調管理には十分気を付けて下さい。先月7月30日(日)神戸で開催された医療安全管理対策の勉強会に参加して参りました。兵庫県高砂市出身の私にとって神戸は高校卒業まで過ごし、青春時代何度も遊びに訪れたたくさんの思い出のある街ですが、25年の月日や阪神淡路大震災の後の復興などにより私の記憶とかなり違う街並みになっていました。それでも所々に懐かしい通りや景色を見ることができ、どこからともなく聞こえてくる関西弁に触れ、有意義な時間を過ごして参りました。実家にもなかなか帰ることが出来ていなかったので1日だけですが両親の顔を見ることが出来ました。それこそ実家で暮らしていたころは親の存在が鬱陶しい時期もありましたし、とくに私の反抗期は酷かったらしく、たくさんの心配をかけていたと思います。自分もこの年になり親の立場になってみて、初めて親の気持ちがわかるようになってきました。子が親を思う気持ちは決して親が子を思う気持ちには敵いません。会うたび老けたなと思う父親と見るたび小さくなったなと思う母親の姿を見ながら盆と正月、年に2回帰省できたとしてもあと何回両親と会うことが出来るのかなぁとつい考えてしまいました。皆さんもぜひご両親と離れて暮らしている人でなかなか会えていない人がいらっしゃいましたら、用事などなくても連絡を取ってみてくださいね。既に親が星の国に旅立たれてしまった人もお盆にはお墓参りに出かけてみては如何でしょうか。

さて、話は変わりますがいまにし歯科診療所も開院から1年が過ぎ、患者さんの中には治療が終了した方も少しずつ増えてきました。何よりも歯科の分野は予防が大切ですので治療が終了した方も歯は命の源ですから予防通院を心がけてください。我が国の保険は疾病保険と言われているように病気の治療には保険が使えるが予防には使えないと言うルールが決められています。医科の分野では人間ドックは保険が適用しない事はたいていの人はご存知だと思いますが、歯科の分野はなかなか知られていません。しかも治療と予防も患者さんにとっては同じような処置をされていると感じてしまいますのでなおさらです。当院は後々皆様にご迷惑が掛からないように決められたルールをしっかり守っておりますのでご理解の程よろしくお願いします。また、予防通院の際、健康保険は適用出来ないこともありますがなるべく皆様の御負担が軽減できるよう努力していきたいと思っております。一度治療が始まるとそれだけで通院回数も増えてしまいますし、何よりも自分の身体を傷つけることになってしまいます。結果、経済的負担も増えてしまい良いところは何一つありませんので、予防に勝る治療なし~一生自分の歯で~を目標に一緒に頑張っていきましょう。また体調不良やどうしても通院困難な方がいらっしゃいましたらご相談下さい。当院は訪問診療も行いますのでご安心ください。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前へ:«
次へ: »

Blogメニュー