いまにし歯科Blog

ハロアル新聞10月号より

(2017年10月1日 10:59 AM更新)


「現地視察」

先月、関口先生、木本先生、加藤先生と共に来年2月に行われるハローアルソン・フィリピン医療ボランティアの事前視察ためフィリピンに行って参りました。私自身14年目になるこの活動も何ら変わらないスラムの現状に唯々自身の無力さと虚しさを日々痛感してなりません。

2年前にドゥテルテ大統領が誕生し彼の政策の一つでもある麻薬撲滅作戦によって麻薬犯罪を犯した者には容赦なく処刑が行われ、その数、数千人とも言われていますがその中にはたくさんの政治家や著名人も含まれていてその際、政府との間で銃撃戦も発生しているそうです。それでも大統領の支持率は大変高く、私達と共にボランティア活動を支えてくれている現地スタッフの皆さんも彼を高く支持していました。その理由は、まじめで正直な人が働きやすくなったことが一番だと言っています。どういうことかというと今までのフィリピンは公人の汚職や賄賂などが当たり前に蔓延り警察とマフィアが裏では繋がっていたりとまじめな人が損をする社会の構図が出来ていたそうです。しかし現大統領はそういったことを一切許さない政策を断行し、悪者は社会から消し去る方法をとっているのです。世界からは人権的にどうかなど批判もありますが一度壊れた社会の仕組みを変えるにはこれくらいしないと変わらないのかとも考えさせられます。市街の景観ひとつとってもここ数年で一番綺麗に整備されていました。たくさんの路上生活者や不法占拠して暮らしていた人達の姿が激減していました。街の浄化作戦が政府主導のもと行われ、たくさんのスラムが解体され不法占拠とはいえ長年暮らしていた場所を一瞬にして退去させ街の浄化を進めているそうです。それらの甲斐あってかフィリピンの景気は上昇しているそうです。しかし、問題はこれだけでは解決しません。景気の上昇はより一層の貧富の差を生み、経済的に貧しい人達は更に苦しい生活を虐げられるようになるのです。今回我々が訪れた来年度活動エリアもまさにそれらの歪を集中的に受けている地区でした。

無数に張り巡らされた細い路地、今にも崩れそうな住居が上に上にと連なっています。何故なら非常に狭いエリアに他所から追いやられた住民たちが家を作るには誰かの家の上に張りぼての家を作らなければならないからです。汚水が流れ、悪臭が立ち込める路地を子供たちは無邪気に裸足で歩いています。所々家から電気の光がもれてきます。家の中を覗くと、三畳ほどの狭い部屋で家族が楽しそうにテレビを見ています。勿論この電気も町の中から住民たちが違法に引いてきたものです。日本人には到底考えられない世界がそこにはあり、子供たちが楽しそうにはしゃぎ回るこのスラムもまた「麻薬」や「犯罪」の温床になっていると思うと複雑な気持ちになります。

住民たちに「歯の治療をしたことがありますか?」と尋ねると、皆口々に「高くて受けたことがない」と答えます。「歯ブラシで歯を磨いていますか?」と聞くと「やったことがない」「何年も同じ歯ブラシを使っている」と答えます。そして皆一様に「是非、治療してほしい」「必ず来てください」と懇願します。スラムに流れる川の向こう側には沢山の高層ビルが立ち並びます。経済成長の裏にはいつの時代もこのスラムの人たちのように社会的に最も弱い人たちが更なる貧困の歪を受けなければなりません。しかし、その中でも貧しさを互いに助け合い、今を陽気に一生懸命生きる彼らの笑顔は、私たち日本人が失ってしまった何かを思い起こさせます。

あるスラムの子供に将来の夢を尋ねました。すると彼女は「私の夢は15歳まで生きること」と答えました。その地域では貧困のため3人に1人しか15歳まで生きることが出来ないのです。

どうか皆さん、「生きることが夢」と語る幼い彼らの笑顔のために今後ともハローアルソン・フィリピン医療ボランティアに御協力の程宜しくお願い致します。

 


 >>Blogメニューへ


ハロアル新聞9月号より

(2017年9月1日 10:58 AM更新)


「平成29年夏」

今年も早いもので9月になりました。我が国では旧暦9月を長月(ながつき)と呼び、現在では新暦9月の別名としても用いています。長月の由来は、「夜長月(よながつき)」の略であるとする説が最も有力であり、他に「稲刈月(いねかりづき)」が「ねかづき」となり「ながつき」となったという説や、「稲熟月(いねあがりづき)」が略されたという説もあるそうでまた、「寝覚月(ねざめつき)」の別名でもあるとのことです。

さて、今年の夏は皆さんいかがでしたか。東京の8月は前半ほとんどが雨でしたね。全国で見ても各地で大雨や洪水、異常気象がこれだけ毎年のように続くと単に天災で片づけることはできません。これらは、現代に暮らす我々が自分たちの欲望のままに生き、自然を壊し続けてきた、まさに人類のもたらした人災であると思うのですが皆さんはどう思われるでしょうか。

お盆休みに私は数日家族で実家のある兵庫県に帰省して参りました。最近では実家に帰っても家でのんびりすることが増えていたのですが、久しぶりに幼馴染たちと酒を酌み交わし、時間を忘れ深夜に及ぶまで昔話で盛り上がり楽しい時間を過ごすことが出来ました。家族ともどこへ出かけるでもなくゆっくり過ごすことが出来ました。本当に何気ないそんな時間が幸せなんだなぁと感じるようになりました。

8月16日、東京へ戻り私はどうしても子供たちを連れて行きたい場所がありました。それは千代田区九段にある靖国神社です。戦後72年目を迎える今年、初めて子供たちを連れ靖国神社を参拝して参りました。連日ニュースで北朝鮮のミサイルの問題や様々な近隣諸国との外交問題、いつのまにかミサイルが飛んできたときの避難を促す政府によるCMまでが流れる時代になってしまいました。ある日、5歳になる娘が「お父さんミサイルってなに?」と尋ねた時がありました。私は一瞬何と答えたらいいのか、言葉が見つけられませんでした。戦争を知らない子供たちに育てられた私たちが親になり、そしてその子供たちに戦争の愚かさ、悲惨さ、罪、などをどうやって教えていけばよいのか、また私たち日本人の今日の平和、幸せな暮らしを送れるのは誰のお陰であるかを教えたかったのです。拝殿の前に立ちそれなりに頭を垂れる娘を見ながら国のために命を賭した246万柱を超える英霊たちに心から感謝の哀悼を捧げる。

靖国神社は軍国主義の象徴だとか、右傾化の代名詞のように思われがちだが、この神社の成り立ち、歴史、そして意義を学び、理解すれば、靖国神社の存在ほど平和を愛し平和のために何をしなければいけないのかを考えさせられるものはないと思う。

拝殿の隣には「遊就館」というところがある。ここには日本国の歴史を伝える様々な資料が展示されており、その中でも国の為に亡くなった英霊の遺品には、周囲の空気が一変するような神聖な空間が存在する。私はたくさんの遺品を拝観させていただきましたが、特に未だ20歳前後の若者たちが残していった愛する者への「遺書」は涙無くして読むことは出来ませんでした。一言、一言、その凛とした文字、全ての「私心」を捨て守るべきものの為に死する「公心」の言葉は、何不自由なく暮らし、利便性、便利性を追い求めた現代社会に生きる若者たちの目にどう映るのか。

彼等が命を懸けて守ろうとしたものは何か…親が子を殺し子が親を殺す、そんな今の時代を彼らはどんな風に見ているだろうか。

遊就館にある様々な遺品の一つに「花嫁人形」がある。これは独身のまま散華した英霊たちへ、ご遺族がせめて「花嫁人形だけでも」と捧げられたものだ。静寂たる展示室に白無垢姿や色艶やかな着物を着た花嫁人形の隣には、若くして亡くなった我が子へ、兄へ、弟へ、ご遺族が送った手紙が添えられている。私はその手紙を拝読しながら、あまりにも無情な戦争という狂気の時代を恨むと共に、20代の若者が女性の手を握ることもなく、妻もめとることもなく死んでいったかと思うと、胸を突き刺すような思いにただ涙が零れる。花嫁人形の中に「桜子」と名付けられた人形がある。これは23歳の若さで戦死した息子に母親が贈ったものだが、そのお手紙の一節にこう綴られている。「貴男は本当に偉かった。日本男児と生まれ妻も娶らず逝ってしまった貴男を想うと涙新たに胸が詰まります。今日ここに日本一美しい花嫁の桜子さんを貴男に捧げます。」残された母親の心中は察するに余りあり、ただ涙が溢れる。靖国神社は決して戦争美化、軍国主義の象徴などではない。数千人を超えるあまりにも幼い若者たちの遺影、そして死を前にして綴る遺書、これこそが「もう二度と戦争を起こしてはならない」「あの悲惨な時代を繰り返してはならない」という平和の尊さを学ぶ神聖な場所ではないかと思う。

生と死の究極の葛藤の中、72年前、若者たちは神々しいまでの見事な文字と一言に魂を込めました。それはたとえ我が身が滅びようとも未来永劫、この国を守り抜いた自分たちに今の私たちが決して無駄ではなかったと思える国作りを託したのではないでしょうか。

静かな境内を無邪気に笑い声をあげながら走り回る娘たちの姿に「これが平和なんだ」「これが幸せなんだ」と心に強く感じました。こんな時代だからこそ私たちはもう一度平和について考えなければならないと思う。世界は一つ、誰かの不幸の上に成り立つ幸せなど存在しないということを・・・


 >>Blogメニューへ


ハロアル新聞8月号より

(2017年8月1日 10:23 AM更新)


皆さん暑い日が続きますがくれぐれも熱中症など体調管理には十分気を付けて下さい。先月7月30日(日)神戸で開催された医療安全管理対策の勉強会に参加して参りました。兵庫県高砂市出身の私にとって神戸は高校卒業まで過ごし、青春時代何度も遊びに訪れたたくさんの思い出のある街ですが、25年の月日や阪神淡路大震災の後の復興などにより私の記憶とかなり違う街並みになっていました。それでも所々に懐かしい通りや景色を見ることができ、どこからともなく聞こえてくる関西弁に触れ、有意義な時間を過ごして参りました。実家にもなかなか帰ることが出来ていなかったので1日だけですが両親の顔を見ることが出来ました。それこそ実家で暮らしていたころは親の存在が鬱陶しい時期もありましたし、とくに私の反抗期は酷かったらしく、たくさんの心配をかけていたと思います。自分もこの年になり親の立場になってみて、初めて親の気持ちがわかるようになってきました。子が親を思う気持ちは決して親が子を思う気持ちには敵いません。会うたび老けたなと思う父親と見るたび小さくなったなと思う母親の姿を見ながら盆と正月、年に2回帰省できたとしてもあと何回両親と会うことが出来るのかなぁとつい考えてしまいました。皆さんもぜひご両親と離れて暮らしている人でなかなか会えていない人がいらっしゃいましたら、用事などなくても連絡を取ってみてくださいね。既に親が星の国に旅立たれてしまった人もお盆にはお墓参りに出かけてみては如何でしょうか。

さて、話は変わりますがいまにし歯科診療所も開院から1年が過ぎ、患者さんの中には治療が終了した方も少しずつ増えてきました。何よりも歯科の分野は予防が大切ですので治療が終了した方も歯は命の源ですから予防通院を心がけてください。我が国の保険は疾病保険と言われているように病気の治療には保険が使えるが予防には使えないと言うルールが決められています。医科の分野では人間ドックは保険が適用しない事はたいていの人はご存知だと思いますが、歯科の分野はなかなか知られていません。しかも治療と予防も患者さんにとっては同じような処置をされていると感じてしまいますのでなおさらです。当院は後々皆様にご迷惑が掛からないように決められたルールをしっかり守っておりますのでご理解の程よろしくお願いします。また、予防通院の際、健康保険は適用出来ないこともありますがなるべく皆様の御負担が軽減できるよう努力していきたいと思っております。一度治療が始まるとそれだけで通院回数も増えてしまいますし、何よりも自分の身体を傷つけることになってしまいます。結果、経済的負担も増えてしまい良いところは何一つありませんので、予防に勝る治療なし~一生自分の歯で~を目標に一緒に頑張っていきましょう。また体調不良やどうしても通院困難な方がいらっしゃいましたらご相談下さい。当院は訪問診療も行いますのでご安心ください。

 


 >>Blogメニューへ


1周年!

(2017年7月5日 8:54 AM更新)


「おかげさまで1周年」

 

皆様、暑い日が続き体調管理が非常に困難な季節ではありますが、くれぐれも熱中症などにも気をつけて充分に御自愛ください。

さて、当診療所は昨年の7月4日に開院し、早いもので1周年を迎えました。開院した当初は、本当に一からのスタートでしたので、細かなところに目が届かず患者様には何かとご迷惑やご不便をおかけすることがあったかと思います。今でも完璧とは行きませんが、そういったことも一つひとつ改善していきながら、皆様のご協力のおかげで無事、今日を迎えることができました。

皆様、本当にありがとうございます。心よりお礼申し上げます。

治療につきましても1年が過ぎ、無事治療を終え、メンテナンス(予防)に入る患者様も続々と増えてきました。当診療所の考え方は「予防に勝る治療なし」ですので 患者さまにとってもまさにここからが本当のスタートになります。そして私の予防に対する考え方はどんなに間があいても1カ月に1回通院して欲しいのです。皆様にとって月一回の予防通院はおそらく多いなぁと思われる方が大半だと思います。他の歯科医院では3カ月に1度、もしくは半年に1度という所が多いと思います。この事は現在の我が国の保険制度が大きく関係しています。では何故私が月1回の通院をお願いするのかをご説明いたします。歯が無くなる原因の40%は虫歯、50%は歯周病、残りの10%は不慮の事故などです。すなわち歯が無くなる90%は虫歯と歯周病です。その虫歯と歯周病の原因はプラーク(歯垢)です。日頃の歯磨きで100%プラークコントロールが出来ていれば虫歯や歯周病に罹患することはありません。しかし100%のプラークコントロールは非常に困難で、歯磨きのプロである歯科衛生士さんであっても歯ブラシで除去できるプラークは60%というデータがある程ですから患者さんだけのセルフコントロールで100%プラークを除去することは不可能に近い訳です。そしてお口の中に取り残されたプラークはだいたい4週間(28日周期)で成熟した菌になり、そして虫歯や歯周病を発症させて行くのです。ですからたとえプラークの磨き残しがあったとしても1カ月に一度予防に通って頂いていれば大きなトラブルになることは殆どなくなるということなのです。今までを思い返してみてください、一度治したところを二度、三度挙句の果てに抜歯されたという経験がある方もいらっしゃると思います。それだってその都度これで最後の治療にしようと思っていたはずではないでしょうか。医科と歯科の最大の違いは医科は100%予防することは出来ません。例えば風邪ひきそうだから前もって内科を受診する方はいませんし、怪我する前に外科へ行く方もいないと思います。しかし歯科は予防しきることが出来るのです。歯は命の源~一生自分の歯で~を目指して是非とも年間12回の予防通院を心がけて頂きたいと思います。

また、近頃はおかげさまで、日によって多くの患者様にご来院頂いておりますことで、以前に比べお待たせしてしまう場合が増えております。お忙しいお時間、本当に申し訳ございません。歯科医院は今やコンビニエンスストアよりも多くなったと言われており、これからの歯科医療はサービス業だと言われている先生方も少なくはありません。しかし私は人の命をお預かりする医療がサービス業だとは決して思っておりません。いつでもどなたにでも全力で診療させて頂きたいと思っております。ですから痛み等を伴う急患やお子様の事故などによる急患は決してお断りすることはございません。そのことにより御予約を頂いている患者さんの診療時間がどうしても前後してしまうことがありますが、どうか御理解御協力の程宜しくお願い致します。もちろんお時間に余裕のない方は来院時受付にお申し出ください。可能な限り配慮致します。

二年目もスタッフ一丸となり、より多くの患者様を笑顔にできるように、そして予防歯科としての更なる飛躍を目指し、精進して参ります。今後ともどうぞ、よろしくお願い致します


 >>Blogメニューへ


治療に対する考え方

(2017年6月8日 9:23 AM更新)


治療に対する考え方

 

 皆さんは歯の治療は全て保険診療で出来ると思っていないでしょうか?医科ではほとんどの治療が保険診療で出来るし、出来ないとしても次々に保険診療に組み込まれて行きます。ですから”保険で出来ないものはない“と言ってよいでしょう。

 ところが歯科は大きく違います。全ての治療が保険診療に組み込まれているのではなく、”一部が保険診療で出来る”に過ぎません。むしろ大切な診療の多くは保険適応外なのです。歯列矯正、セラミックのかぶせ物、コンフォートブリッジ、部分的な金属床、予防処置、インプラント(当院ではお勧めしていません)などがそうです。特に歯が1本でもなくなっている人にとってブリッジや入れ歯はものすごく大切です。それなのにことごとく保険診療から除外されています。単に安ければ良いと言う考えから金属はアレルギーが出やすくても保険では認められています。身体にとって良いものや寸法精度の高い貴金属は全て対象外です。

 これは医科の治療が“命と密接に関わっている”という考えなのに、歯科は“命と直接関係ない”と思われていることが大きな原因なのでしょう。

 当診療所ではその考えに全く反対です。“歯こそ命を支える”大切な臓器(咀嚼器官)だからです。ですから自分のために健康で長生きをしていただくために“歯には最高の治療をしていただくこと”をお勧めしているわけです。食べ物を口に入れて歯で噛んで栄養を摂りますが、歯のない人の食生活は実に味気ないものです。噛めないのですから噛まなくても良いようなやわらかいものを飲み込むか、スープをすすりこむような食事になります。歯があればよく噛めるので食材の感触を味わうことも食材から滲み出すそれぞれの味を楽しむことも出来ます。更に噛めば噛むほど唾液が出ます。その唾液には癌を抑制する酵素や食べ物を消化する酵素、殺菌、消毒のたんぱく質、身体を刺激するホルモンがたくさん含まれています。ですからたくさん噛める人は運動能力や健康度が高いのです。

 次に高齢者で一番なりたくないのは何でしょうか?ほとんどの人が認知症と言います。この認知症は歯のない人、入れ歯の合わない人がなりやすいことが分かってきました。そもそも歯をなくす原因の50%は歯周病です。そして40%は虫歯です。この2つは歯をしっかり磨くことで予防が出来ます。歯を磨けば恐ろしい認知症も防げることになるのです。そのために歯を治療するときはハミガキのしやすい形態にすることがポイントです。しかしそのための予防や治療は現在の制度では保険適応に入っていません。

 当診療所では歯を治療するとき、皆さんの歯をしっかり残せる治療をしたいと思っています。そして二度と再び悪くして欲しくありません。そのためにはハミガキがしやすく、もし悪くなったとしても手直しの出来る治療がベストなのです。他の医院では皆さんにたいした説明をしないで“保険で出来る治療をしている”かもしれません。それは“悪くなったらその歯を抜いてしまえ”と言う考えがあるからかもしれません。その結果、皆さんが一番なりたくない認知症へのリスクも高くなってしまうのです。ここが当診療所と他院の一番大きな違いだと思ってください。

 「歯は命の源」~一生自分の歯で~を目指してこれからも皆さんお一人お一人にしっかりと説明させていただきます。わからないことや不安なことがあったらいつでも遠慮なく言ってください。


 >>Blogメニューへ


2 / 41234

Blogメニュー

アーカイブ

キーワードで記事検索


>>Blogトップへ戻る