いまにし歯科Blog
| ハロアル新聞1月号より

ハロアル新聞1月号より

2022年1月12日 9:57 AM


「院長手記」

 

~2022謹賀新年~

新年おめでとうございます。年頭に当たりまして、皆様のご健康と安全とを心よりお祈り申し上げます。一昨年同様コロナに始まりコロナに終わった昨年でしたが未だに終息どころかオミクロン株による第6波が全国に広がりつつあります。重症化しにくいと言われているオミクロン株ですが感染力が非常に強くしかも2度のワクチン接種を終えていてもブレークスルー感染を起こしてしまうので感染対策疲れもあると思いますが今一度気を引き締めて皆で力を合わせコロナを乗り切っていきたいですね。

さて、大晦日のラジオの生放送が終わった後深夜車で帰省し、お正月を2年ぶりに家族全員で両親の暮らす兵庫県の実家で過ごさせていただきました。子供の頃はあまり好きではなかった母の作るおせち料理が今では大変美味しく思えるようになり、あと何回頂くことが出来るかと思うと一品一品の味を忘れないように感謝しながら過ごさせていただくことが出来ました。天気にも恵まれ3人の娘を連れ加古川の河川敷で凧揚げをしました。育った街並みがどんどん変化していく中で、40年以上前、私が走り回っていた頃と何も変わらない景色の中で自分の娘たちが無邪気にはしゃぎ、あの頃と同じ色の空に浮かんだ凧を見上げながら何気ない日常や当たり前のように来る明日がいかに幸せで有難いことなのかを忘れてはいけないと思いました。そして今の時代を生きる大人である私たちが次の世代にこの当たり前の世の中をしっかりと責任をもってバトンを繋いでいかなければならないと強く思いました。

長引くコロナ禍での生活は世界中で想像以上に経済的格差社会を広げて行ってしまっています。頑張れば何とかなるなら頑張ればよいと思います。しかし頑張っても頑張っても自分だけの力ではどうしようもない時があるならばやはりみんなで力を合わせるしかないのです。限りある資源の中で暮らす私たち人間がこれから先少しでも長くこの地球で共存していく方法はただ一つ、経済的強者がもっともっとの考え方を捨て、経済的弱者を支えて行くしかないのです。社会的成功者は確かに本人が頑張って努力を重ねその地位を得たかもしれませんがそれだけではない沢山のラッキーが重なりそして沢山の人の支えがあってそうなったことも否定はすべきではないでしょう。弱い立場の人々が幸せに暮らせる世の中は強い立場の人も幸せに暮らせます。しかし強い立場にいる人もこのまま格差が広がり続ければいつか弱い立場に変わる可能性も十分にあります。まして怪我や病気は突然やってきます。大切な人がいて、その大切な人にも大切な人がいて、そんな人と人とのつながりは点と点にしか見えないかもしれないけれど、この世に暮らす全ての人に必ず大切な人はいるから、自分のことを大切だと思ってくれている人も必ずいるから、点と点は見えない何かでつながっているんだと思います。

「奪い合えばなくなる、分け合えば余る」

今年も患者さんお一人お一人の信頼と期待を裏切ることのないように患者さんのためだけを考え、医療人である前に一人の人間として一生懸命全てを捧げる覚悟で日々の診療に取り組んで参りますのでどんな些細な事であってもお気軽に何でもご相談ください。そして、「歯は命の源」~一生自分の歯で、予防に勝る治療なし~を皆様との共通の合言葉とし本年もどうぞよろしくお願い致します。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前へ:«
次へ:

Blogメニュー

アーカイブ

キーワードで記事検索


>>Blogトップへ戻る