いまにし歯科Blog

ハロアル新聞5月号より

(2020年6月1日 7:36 PM更新)


「院長手記」

~見えない敵からのメッセージ~

 先月7日から発令された緊急事態宣言から1か月が過ぎようとしておりますが未だにコロナウイルスの感染被害は終息とは到底言えない状況が続いています。学校、会社、様々な施設、がストップし帰省を含めた人々の動きの制限、誰もが今まで経験したことのない現実が私達の生活を苦しめています。本来なら緑豊かなこの季節、ゴールデンウィークなどを利用し旅行に出かけたりしていた人も大勢いたことでしょう。しかし今年はGW(ガマンウィーク)でとにかく家に籠っていなければならないのですから小さなお子さんのいる家などは特に大変なことだと思います。経済的なストレスによりDVや子供への虐待など問題がウイルス感染症から拡大してしまっていることが不安をさらに煽ります。

 それにしてもこんな時最も大切なことは信頼のおけるリーダーのもと国民皆が一致団結することなのですが、我が国のリーダーはどうでしょうか?満を持して実行されたのが一世帯に二枚のマスク!それも外出しないで欲しいと言いながら外出時に必要なマスク!当初は470億ともいわれた予算(私たちの税金)も90億くらいでおさまりそうだとか普通の会社なら絶対にありえない何とも杜撰な計算!奥様は悠々自適にお友達との旅行や花見!今日一日をどう生きて行くかすら見えない国民がたくさん存在しているのにまったく怒りを通り越して呆れともいえる感情を抱かざるを得ません。すったもんだでやっと決まった国民一人頭一律10万円の配布も未だに誰の元へも届いていません。何かを決めるにあたって全ての答弁が専門家の意見を聞いてと言いますが、もう既に専門家の方々の意見は我々国民も大体把握しているのではないでしょうか。私達が聞きたいのはリーダーとしてこの国のこれからをどうしていくかの決断だけなのです。国が国民を愛さずしてどうして国民が国を愛することが出来るのでしょうか。この世で一番大切なものは「命」です。その「命」を守るために政治は早急に感染予防と経済支援をはっきりと示していただきたいと思います。

 しかし今回の新型コロナウイルスの人類に対するメッセージとはいったい何なのでしょうか。ある人はウイルスとの戦いを戦争だと例える人もいますが私はそうは思いません。ウイルスには国境などありませんし何しろ全ての国と国が協力していかなければ乗り越えられない問題だからです。私たち人類は消費社会の中で大切な地球を傷つけ破壊し続けてきましたが今回のコロナウイルスの感染拡大を抑えるためのロックダウン(都市封鎖)措置により、大気汚染がかつてないほど軽減していることも事実なのです。私たちは今、本当に大切な岐路に立たされているのです。幸せになりたい・・・この思いは誰も同じでしょう。しかしその幸せとは何かが今問われているのです。私は2012年のリオ会議(地球サミット)で行った世界で最も貧しい大統領として知られるウルグアイのムヒカ大統領のスピーチでの一言を思い出しました。「貧乏な人とは、少ししかものを持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ」もっともっとの経済第一主義の思想には限界があるのです。人には寿命がありそれはどんなにお金や物に満たされていたとしても変えることは出来ません。自分以外の人の幸せを願える人が増えて行けば必ずこの世の中は健全な復活をしていくはずです。今こそ全人類が力を合わせ手を取り合い、人類そして地球の危機を乗り越えていかなければなりません。

 

追伸:いまにし歯科診療所では開院当初からB型肝炎、C型肝炎、HIVなど様々な感染症対策を徹底して来ておりますが、今回の新型コロナウイルスの特徴を踏まえ追加対策として全員の体温確認、手指消毒、診療中の換気を行っております。さらにスタッフのフェイスガードの装着や口腔外バキュームによる徹底換気を指示しております。コロナウイルスの感染が落ち着き終息が見えるまで継続して参りますがそのことにより声が聞き取りにくいなどのご迷惑をおかけしてしまっております。皆様どうかご理解ご協力の程宜しくお願い致します。


 >>Blogメニューへ


ハロアル新聞5月号より

(2018年5月1日 3:43 PM更新)


「院長手記」

 

皆様、ゴールデンウイークは有意義に過ごせましたか?お休みだった人もそうでなかった人も気持ちの良いこの季節、たまには緑溢れる公園などに出かけてみてはいかがでしょうか。心も体もリフレッシュすることは、様々なストレス社会を生きる私たちにとってとても必要なことだと思います。

 さて、様々なニュースがある中、お隣り韓国では歴史的な南北首脳会談が行われました。つい先日までミサイル発射実験や核開発などで近隣諸国を挑発し続けてきた国が一変、終戦宣言や国交正常化などを進めようとしています。勿論、本当に実現すれば素晴らしいことですが、過去を振り返ってみても裏切りの歴史が幾度となく繰り返されてきたことも冷静に考えなければなりません。特に我々日本にとっては北朝鮮との間において「拉致問題の解決」なくして国交の正常化はあってはならないことです。拉致問題は世界的レベルで解決しなければならない人権テロです。自国の何の罪もない国民がある日突然拉致され、その事実がわかったとしても自分たちの力で救出することが出来ず、いつでも他国にゆだねなければならない我が国の有様を見ていると本当に情けなくなります。  

一部の政治家への忖度の有無や、官僚のセクハラ問題などでその都度ストップされる国会審議、週刊誌やワイドショーのネタで政治が翻弄されるなど、震災被害者や原発被害者、米軍基地問題の被害者、その他政治が解決していかなければどうしようもなくて困っている国民が多数いるのにも関わらず、与党も野党も政治家の皆さんは当たり前のように大型連休を楽しんでいらっしゃる・・・・・まったくうらやましいやら情けないやら。こんな時間でさえ国民の血税が一人につき毎月約130万円も支払われているんですよ!私は官僚の公文書偽造問題やセクハラ、パワハラ問題やその他加計学園、森友問題などは政治家が国会審議の時間以外を使い、無給でとことんやればよいと思います。いかなる場合も国民ファーストで国会審議はストップさせないという姿勢が与野党含め全ての政治家の共通モラルであって欲しいと思います。

私自身、娘を持つ一人の親として、拉致被害者の横田めぐみさんとご家族の胸の内を想うと本当に言葉が見つかりません。めぐみさんのお父様やお母様がだんだんご高齢となりその姿をテレビで拝見するたび、何とかお二人にめぐみさんを返してあげて欲しいとそして我が国の全勢力を注いで取り返して救出して来て欲しいと願います。

1977年(昭和52年)11月15日、当時13歳のめぐみさんが拉致され41年目を迎えます。今月13日は母の日ですね。82歳になられためぐみさんの母、早紀江さんに、もう一度娘さんを抱きしめさせてあげたいと心より願います。


 >>Blogメニューへ


ハロアル新聞4月号より

(2018年4月2日 9:45 AM更新)


院長手記

「忖度」そんたく、ここ数か月メディアなどでこの言葉をよく聞きます。意味は相手の気持ちを考えて行動するという意味です。忖度というのは、美しい行為でもあると思っていたのに、昨今の社会(政治)情勢から、この言葉があたかも、悪いことでもあるかのように、子供たちにも思われるようになるとしたら、とても残念だと思います。

そもそも今回の森友問題や加計学園の問題など行政に対し一部の政治家への忖度があったのかということですが、私は選挙により選ばれた政治家がある程度の権力を持ち物事を進めていくことは当然あっていいと思っています。ですから官僚が政治家に対し忖度することは当たり前ではないでしょうか。そして国民から選ばれた政治家が正々堂々と自分の考えや物事の進め方を公にして行政を動かして行けば良いのです。もし、その進め方ややり方に問題があれば間違いを潔く認め、正しい方向へ修正して行けば良いと思います。それでも政治家の信念のもと何かを決定したければそれが法律違反でなければ進めれば良いのです。なぜなら政治家は我々国民が選んだ代表だからです。もしその考え方や人柄や権力の使い方が間違っていれば我々国民がしっかり選挙で判断すれば良いのです。

政治に対し何か問題が起こった時だけ不満を言い普段は何の興味も持たないまるで芸能人スキャンダルのワイドショーを見ているかのように他人ごとと思っている国民すべてが問われているのではないでしょうか。選挙に行かない有権者に物言う資格はありません。物事の一番の罪は「無関心」だと思います。官僚は私達で選ぶことは出来ません。不当な天下りや官僚が進めていく政治などがあってはなりません。しかし責任の取れないリーダーはもっといりません。この間も我々の税金が無駄に使われ、国内外問わず重要な問題がストップしたままです。まさに今この瞬間、横田めぐみさんをはじめ、北朝鮮に拉致された被害者、被害者家族のことを真剣に考え行動している政治家が一人でもいるでしょうか。原発事故で仮設住宅に暮らす方々のことを真剣に考え行動している政治家が一人でもいるでしょうか。待機児童問題で働きたくても働けないお母さんがたくさんいます。保育園や学校の上空を米軍の戦闘機が訓練飛行しています。沖縄基地の問題も沖縄住民だけの問題になってないでしょうか。我が国の課題は山積みです。将来今の子供たちが大人になったとき日本に生まれて良かったと言ってもらえるように私達大人がしっかり大人の責任をもって生きていかなければいけませんね。

さて、4月に入りそれぞれが新しいスタートラインに立っていると思います。期待と不安が交差するこの季節、失敗を恐れず何事にもチャレンジしてもらいたいです。保育園、幼稚園、小学生の皆さんたくさんお友達を作ってください。中学生、高校生の皆さん部活、勉強、恋愛、たくさん青春して下さい。大学生の皆さん将来の夢を描いてみましょう。社会人の皆さん明るい未来ある日本を作っていきましょう。そして人生の先輩である皆様、若い者にガンガン叱咤激励よろしくお願いします。そして子供も大人も皆さん心も体も健康第一で行きましょうね。

 

今年も2018年ハローアルソン・フィリピン医療ボランティア報告集が完成致しました。一冊500円ですが来年度の活動費に是非とも皆様ご協力の程宜しくお願い致します。


 >>Blogメニューへ


ハロアル新聞2月号より

(2018年2月13日 10:10 AM更新)


「院長手記」

ハロアル現地活動

 

 2月に入り一段と寒さが厳しくなってまいりましたが、くれぐれも体調を崩さぬようお気を付けください。インフルエンザについては以前もお話ししましたが、ウイルスが湿度に弱いため室内を十分加湿し、人混みにお出かけの際はマスクの着用をお勧めいたします。プラークコントロールもしっかりと出来ている人とそうでない人とでは罹患率が10倍違ってきますので歯と歯肉を磨く歯肉マッサージ磨きでインフルエンザも一緒に予防していきましょう。

 今月は平昌冬季オリンピックが開催されますね。アスリートの皆さんは4年に一度のこの日に全てを懸けて日々の厳しいトレーニングに耐えてきたと思います。日本人だけでなく全世界の参加される選手の皆さん、最高のパフォーマンスが発揮できるよう精一杯頑張ってください。メダル獲得が期待されている選手は連日のようにメディアで取り上げられていますがプレッシャーに負けないでいつも通りの自分が出せるよう頑張ってください。また、パラリンピックに出場される選手、そしてサポートされるスタッフの皆さん想像を絶する努力の先に掴んだオリンピックの切符だと思います。思いっきり頑張って来てくださいね。

 さて、いまにし歯科診療所にとっての2月はハローアルソン・フィリピン医療ボランティア現地活動です。今月の8日から11日までフィリピンマニラ近郊のスラム街に過去最多の115名を超す参加者の皆さんとともに行って参ります。当院スタッフも私を含め4人参加させて頂きますが、私自身、物資、カンパ、様々なところで活動を支えて下さる皆様のおかげで15年間この活動に携わることが出来ております。開院して間もない診療所にもかかわらず、しかも一歯医者の呼びかけに本当にたくさんの方々がご協力して下さっていることに心より感謝申し上げます。連日のように物資が届くようになってきましたが、診療の日ではないにもかかわらず気を付けて行ってきてくださいと物資を寒い中届けてくれる患者さんもいらっしゃいました。私達は海外医療ボランティアに出かけますがその前に私達自身がたくさんの方々のボランティアを受けていることに気付かされます。この活動の対象となっている方々はフィリピンのスラムに暮らす経済的極貧困層と呼ばれる人達です。1家族が1日100円以下で暮らし、食事も基本1日1回、子供たちは慢性的な栄養失調のため日本人より小さく身体の抵抗力がないため感染症に罹りやすく本来治る病気でさえ命を落とすことが少なくありません。

「夢は15歳まで生きること」この言葉はスラムに暮らす少女が私に言った言葉です。人は生まれてくる場所を選ぶことは出来ません。生まれながらにして世の中が創った不平等を背負って生きていかなければならない人達がたくさんいます。世の中がオリンピックに盛り上がる中、コップ一杯の水が飲めずに死んでいく子供たちがいます。一人一人に出来ることはほんの小さなことかもしれませんが、その一人一人でこの地球は作られているのです。私には5歳と2歳の娘が居りますが、将来この子たちが大人になったとき、生まれてきて良かったと心から言えるような社会を私達大人が創っていかなければならないと思います。今年もスラムで暮らす子供たちを我が子だと思い全身全霊精一杯の活動をして参りたいと思います。その間診療所を休診とさせて頂きご迷惑をおかけしてしまいますが何卒ご理解ご協力の程宜しくお願いいたします。


 >>Blogメニューへ


謹賀新年

(2018年1月19日 9:54 AM更新)


院長手記

2018 謹賀新年」

 年頭に当たりまして、皆様のご健康と安全とを、心よりお祈り申し上げます。そして、「歯は命の源」~一生自分の歯で、予防に勝る治療なし~を皆様との共通の合言葉とし本年もどうぞよろしくお願い致します。

 診療所もお陰様で昨年無事1周年を迎え、他府県遠方からの患者さんも増えて参りました。患者さんお一人お一人の信頼と期待を裏切ることのないように今年も患者さんのためだけを考え、医療人である前に一人の人間として一生懸命すべてを捧げる覚悟で日々の診療に取り組んで参りますのでどんな些細なことであってもお気軽に何でもご相談ください。

さて現在、私達は今までにない深刻な危機を、幾つも抱えています。最も懸念される事態は、偶発的な戦争や核兵器使用と事故・地球の温暖化により増大する巨大災害・広がる貧困と不平等・我が国の絶望度を増す不健全な国家財政などなど数え上げればきりがありません。

そんな中でも一番の問題はそれらのことに対して私たちが無関心になり慣れてきていることにあると思います。地球は一つ、命も一つ、経済政策も必要ですが本当に私たちが大切にし、守って行かなければならないものを今こそ世界が一つになって大事にしていかなければやがて近い将来人類は滅びて行ってしまうと思います。誰かの不幸の上に成り立つ幸せなどあってはなりません、この時代に生きる全ての人が自分以外の誰かの幸せを思いやれる、そんな世の中になって欲しいと願います。

「夢は15歳まで生きること」これはフィリピンのスラムに暮らす子供が私に語ってくれた夢です。経済的に貧しい、極貧困層のスラムでの生活は11食が基本で成長期の子供たちの大半が慢性的な栄養失調により身体が小さくて弱く、免疫力がないため本来治る病でさえも重症化し命取りになることが少なくないのです。今から14年前、私は彼らの存在を知りました。それ以来自分に出来ることは何なのかを考え続けております。こんな自分にでも出来ることがあるのなら何でもしようと思っています。皆さんどうかハローアルソン・フィリピン医療ボランティアにご協力よろしくお願いします。この活動は4つの柱から成り立っています。

 

1.現地での歯科を中心とした無償の医療奉仕活動

2.歯ブラシ・タオル・固形石鹸などの物資の支援活動

3.世界の貧困問題を通じ、自らの生活を見直し「真の豊かさ」について考える

4.次世代を担う高校生の参加により、真の国際平和と国際責献について考えてもらう

 

 来月8日~11日に現地医療活動を117名の参加者とともに行ってまいります。その際使用する支援物資のご協力よろしくお願いいたします。ご家族、友人、会社の仲間の方々にも是非ともお声掛け頂けると有難いです。東京支部からも高校生と中学生の参加が決定しております。安全に活動ができるよう事前研修として現在診療室にて主に声出しを中心に頑張っておりますのであたたかく応援してやって下さい。

 最後に私事ですが2018年はチャレンジの年にしたいと思います。自身のラジオ番組も700回を超えました。ロックバンドSUREのヴォーカリストとして1998年にデビューし今年20周年を迎えますが約15年ぶりにバンドが再始動し新曲リリースに向け年始からレコーディングをスタートさせました。いつでも感謝の気持ちを忘れず、一度きりの人生に悔いを残さぬよう精一杯何事にもチャレンジしていきたいと思います。


 >>Blogメニューへ


2 / 512345

Blogメニュー

アーカイブ

キーワードで記事検索


>>Blogトップへ戻る