いまにし歯科Blog

ハロアル新聞4月号より

(2017年4月4日 12:04 PM更新)


受付だより

(受付 伊野未夏)

 

今月は、ハロアル磨きについてお話します。
ハロアル磨きは、歯を磨くだけではなく、歯肉磨きを行うことで、血液循環や免疫力を上げ、全身の健康につなげていく全く新しい歯の磨き方です。

 

ハロアル磨きの方法

①唇側面の磨き方

歯ブラシをグーまたはペングリップで握って持ちます。下あごをしゃくれるように前に出し、前歯と前歯を嚙み合わせましょう。上下に大きく動かし、1本の歯を10回磨く。唇の力は抜き、腕全体を大きく上下に動かす。

 

②臼歯部 頬側面の磨き方

臼歯部も同じように、顎を左右にずらして歯面を揃え、大きく動かす。

 

③舌側 口蓋側の磨き方

歯ブラシの毛先全部が当たるようなイメージで縦に持ち替える。歯ブラシのつま先の部分を使いブラシを縦に当て、歯肉に当たるように上下に動かす。この時も1本の歯を10回磨く。大臼歯部はブラシが縦に入らない為、斜めにブラシを入れる。

 

④咬合面の磨き方

前後、または左右に細かく動かし、磨く。

 

新学期が始まる4月をハロアル磨きで健康的な歯を保ちましょう。
ご不明点については、お気軽にスタッフまでお訊ね下さい。

 

4月は新たな1年の始まりの月

(歯科医師 金川有紗)

 

いまにし歯科診療所に通われる皆さまのお知り合いにも新たな一歩を踏み出した方がいらっしゃることでしょう。

 

入園・入学を迎えたお子さん達は、新しい環境にたくさんのお友達。いつもよりはしゃぎすぎてしまい・・・。
目を離した隙に「あっ!」と思った時には泣いていて、よく見ると口元が血だらけ!加えて歯も!?

 

そんなことがもし仮にあった際には、慌てずいまにし歯科診療所にお電話をください。すぐに拝見します。

 

もし歯が抜けていればお水か牛乳につけ乾燥させずにお持ちください。
元に戻すことができます。これは大人の方も同じです。

 

ただ乳歯の生え替わりの時期など元に戻さないこともありますので診察を受けられてください。
お子さまの健やかな成長をスタッフ一同願っています。

 

*注意*

「泡をふいている。」「痙攣している。」などの場合はすぐに救急車を呼んで病院に連れて行くことが先決です。

 

かよちゃんのちょっと聞いてよ

(歯科助手 堀越加代子)

 

今回は、“虫歯”についてお話します。
皆さんは、健診などで何番Cという言葉を聞いた事があると思います。
その“C”が虫歯という意味です。虫歯にもC0、C1、C2、C3、C4と5段階に分かれています。

 

C0

・・・もう少しで虫歯になりそうな様子で経過観察

C1

・・・エナメル質が虫歯だが、痛みはなくその日のうちに削って詰めます。

C2

・・・象牙質まで虫歯になり、削って型を採り埋めます。

C3

・・・虫歯が神経まで行き痛みもひきおこしやむ追えず神経を取るようになる。

C4

・・・虫歯で頭がなくなり根っこだけになった状態

 

虫歯になってから来院するのではなく、月に一度クリーニングや健診にきていただけたらと思います。
なぜ月に一度なのかを説明させて頂きます。
虫歯と歯周病は、プラークがお口の中に介在しなければ虫歯や歯周病にはなりません。お口の中のプラークは除去後約28日で成熟しますので、当院では月に一回定期的に予防に通院していただいております。
こうすることで、トラブルも最小限に抑えられ、歯を失うという事はありません。他院では、三か月後、または半年後というのが多いですが、それは保険の関係で三カ月以上あければ また保険が使えるなどの制度を重視したやり方である事が多く身体の事は関係ないように思われます。28日で成熟してしまうのですから、それを考えればやはり月に一度の予防通院がベストなのです。
予防に勝る治療はありません。歯と歯肉を磨いてハロアル磨きをしてくださいね!

 

歯があると言うこと

(歯科助手 諏訪間佳奈)

 

皆さんこんにちは。寒さが和らぎタンポポや菜花などの草花を見かけると春を感じます。
春の花は黄色い花が多く明るい気持ちになります。
さて、歯のお話ですが、歯は上下左右全部で28本あります。(親知らずをいれると32本あります。)

 

なぜ歯は生えてくるのでしょう?

体の一部である歯はとても大切な役割を担っています。
ご飯を食べたりおしゃべり(発音)したりすることの他に、起きている時も眠っている時も運動している時も私達の体や精神のバランスを整える働きをしてくれているのです。口の中だけでなく心身にも歯の機能が関与しています。上の歯と下の歯が噛み合わさることを、「咬合」といいます。咬合は平衡感覚や姿勢に関わり、ズレのない正しい咬合は運動能力を高めます。噛んだり食い縛ることによって脳に刺激が伝わり、ストレスを軽減させたり認知症予防にもつながります。
このように歯の働きは脳にも影響がありその役割は重要です。それぞれの歯には特徴と働きがあり、お互いに機能してバランスを整えています。これらは歯があるから出来ることでどの歯もとても大切なのです。
一本でも歯を失くさないよう当院でも心がけて皆さんのお手伝いをしていきますので歯を大切にしていきましょう。

 

院長手記

(院長 今西祐介)

 

「感謝」

桜の季節になりました。

30代まではもっぱら花より団子派だったのですがここ数年特に40代になってから桜の花が本当に美しく儚く感じるようになりました。特に日本人にとっての桜の時期は、出会いと別れの時期でもあるため人それぞれいろんな感情がプラスされるから尚のことなのでしょうね。学生の皆さんは是非沢山の仲間を作り、おもいっきり恋愛し青春してほしいです。新社会人の皆さん今の気持ちを忘れずいつまでも純粋でこれからの社会を築いていって下さい。社会人の皆さん健康第一です。ストレスを溜め過ぎずたまには息抜きしてください。そして人生の先輩方、生涯現役を目指して間違った社会に対しては「ノー」と言ってください。宜しくお願いします。
さて、先月私は滋賀県近江八幡市にある岡山小学校に講演に行ってきました。今回で3回目の講演でしたが5年生の生徒が今年も明るく元気に迎えてくれました。そこでは震災の話やボランティアの話、仲間の大切さについてなどをお話させてもらいました。

 

人は一人では決して生きられない、必ずどこかで誰かが自分を支えてくれている。だからみんなも誰かの支えになれるよう頑張ろうねとお話させてもらいました。どの子供も真剣に本当に素直に最後まで聞いてくれました。子供は正直で素直です。

 

ところが私たち大人はどうでしょうか?この国を引っ張って行く立場の政治家が平気で噓をつく。そして嘘をついてもバレなければ「オーケー」になってしまう。こんな世の中になぜなってしまったのでしょうか?

 

世界でもトップクラスの経済大国に成長した我が国がそれでもまだ経済第一を掲げるリーダーのもとどこを目指していくのでしょうか。そんな中先日、世界155か国を対象とした世界幸福度ランキングが発表されました。1位はノルウェー、2位はデンマーク、・・・・日本は51位でした。幸福といっても一概には語れませんが、それでも日本のこの順位はいくら経済が世界トップクラスでも頷ける気がします。上位常連のデンマークに私は過去3度にわたり政治、教育、医療、福祉の勉強に訪れたことがありますが、本当に国民一人一人が幸せになるために対しての社会全体の努力と仕組みには頭が下がりました。

 

特に人としてのモラル、道徳観は悔しいですが我が国は足元にも及びません。しかし日本もかつてはそうした素晴らしい道徳観が社会にあったはずです。フランスの外交家ポールグローデルは明治の人を見て日本人は素晴らしい、この世にたった一つ民族を残すとすればそれは日本人だと言ってくれたそうです。世界がどんなに発展し、便利になったとしてもそれと引き換えに本当に大切なものを失っていってはどうにもなりません。いつの時代も一番大切なものそれは「命」だと思います。そして同じく「心」もそうですよね。これからの時代は強い人が優位に立ち弱い人が我慢させられる強制社会ではなく、強い人が弱い人を支え、また時には弱い人が強い人を支える共生社会を目指していかなければならないと思います。毎日食べることすら満足にできず、一本の歯ブラシさえも買えないで貧困にあえぎ、痛みをこらえながらそれでも明るくスラムに暮らす人々とふれあい私たちは本当に大切なものは何なのかを教えられて帰国しました。私自身一、歯科医師である前に一、一人の人間としてこれからも精進してまいりたいと思います。

 

また、日頃より患者様には歯科治療だけではなく、ボランティア活動にも深く御理解、御協力頂きまして本当に有難うございます。2017年度の活動が先月長野県で行われた活動報告会で全て終了いたしました。そして同時に2018年度の活動がスタートいたしました。お待たせしていた報告集も完成しましたので、是非ともお時間のある時に読んでみてください。

 

 

 

 


 >>Blogメニューへ


ハローアルソン・フィリピン医療ボランティア現地活動

(2017年2月1日 9:49 AM更新)


年が明けたと思っていたらもう2月です。とても寒い日が連日続いていますが、皆様、風邪を引くなどくれぐれも体調にはお気を付けください。そしてこの時期怖いのはやっぱり「インフルエンザ」ですね。インフルエンザと普通の風邪の違いは命を落とす危険度です。インフルエンザの場合御高齢者や幼い子供等が罹患すると最悪の場合死亡してしまうケースがあり、大変怖いのです。

 

そこでインフルエンザ予防について一言!まずインフルエンザのウイルスは湿度に大変弱いため手洗い、うがい、マスク着用、さらにはお部屋の加湿は大変効果があると言われています。そしてもう一つ重要なことがプラークコントロールです。プラークコントロールが出来ている人と出来ていない人とでは10倍の確率で出来ていない人の方が罹患しやすいという実験結果が発表されています。ですから日々のプラークコントロールは虫歯や歯周病予防のためだけではないということが言えるのです。当院おすすめの歯肉マッサージ磨きはさらに免疫力をアップさせてくれるので是非とも実践してみてくださいね。磨き方がわからないという方は当院スタッフにお尋ね下さい。

 

さて、2月といえばもう一つ大切なことがあります。ハローアルソン国際医療ボランティア現地活動が今月8日から11日までフィリピンの首都マニラ近郊のスラム街で行われます。私は13年間続けてきた活動ですが今年はいまにし歯科診療所を開院して最初の活動です。開院して半年そこそこですが皆様からは本当にたくさんの支援をいただきました。出張に出かけるたび歯ブラシを届けてくださる方や、子供の文房具や家族ぐるみで鉛筆やノートを運んでくださる方、診療のたびに募金箱にそっとカンパをしてくださる方。本当に本当に有難うございます。皆さんから託されたあたたかい思いを診療所スタッフ全員で精一杯届けてまいります。その間診療室をお休みしてしまいご迷惑をお掛けしますことお許しください。

 

私たちが行っているこの活動は4本の柱から成り立っています。

1、経済的に恵まれない人々に無償の歯科診療を行う。

2、そこでお配りする歯ブラシ、石鹸、タオル、文具などを集める。

3、世界の貧困問題を通じ、自らの生活を見直し「真の豊かさ」について考える。

4、次世代を担う高校生の参加により、真の国際平和と国際貢献について考えてもらう。

 

今回私たちの東京支部からも2名の高校生、洗足学園高等学校2年、前田萌海(まえだもえか)さんと栄光学園高等学校2年、鈴木拓真(すずきたくま)君が参加することになりました。彼らは参加するにあたり志望動機の提出、校長先生の許可、保護者同伴の三者面談、診療室での研修を受け、しっかりと準備を行い現地へと旅立ちます。彼らの渡航費の半分は皆様からの募金により成り立っています。ほんの数日で何が変わるとは言えませんが彼らが現地で実際に見たり聞いたり感じたりすることはこれからの人生において大変貴重な経験になることは間違いありません。そのようなチャンスを彼らに与えてくれ、支えてくれるすべての皆様に感謝申し上げます。帰国後、なるべく早く活動報告書をまとめ皆様に今年の活動報告をさせていただきますので宜しくお願いします。また、支援物資ですがこれからも継続的に募集しておりますのでこれからも御協力の程宜しくお願い致します。


 >>Blogメニューへ


2017年謹賀新年

(2017年1月10日 10:51 AM更新)


新年、おめでとうございます。皆様のご健康とご多幸を心からお祈りいたします。

「口から人は老いてゆく」と言われる今、少しでも皆様の健康へのサポートが出来るよう本年もスタッフ一同一丸となり頑張って参りますのでどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

さて、皆さん年末年始はゆっくりと過ごせましたか。それともお休みがなかったという人もいるでしょうか。私は家族と元日に実家のある兵庫県に帰省して参りました。空港に迎えに来た両親に嬉しそうにジージ、バーバと駆け寄る娘の姿を見ながらこんな事でも親孝行になるのかなと考えてしまいました。子供の頃はあまり好きではなかった母の作るお節料理も年を重ねるごとに何故か年々美味しく感じるようになり、あと何年このようなお正月を過ごせるのかと思いながらほんの数日のお休みを満喫させてもらいました。3日の日には幼馴染との新年会があり男女ともお互いおじさんおばさんになったものの会話をすれば子供のころにタイムスリップしたかのようで、笑いの絶えない時間を仲間と共有できました。

 

私はときどき思うことがあります。幸せとはつかみ取るものではなく、気付くことなんだなぁと。決して今日が昨日の繰り返しであっても、平凡な一日であったとしても、今を生きていることに感謝の気持ちを持たなければと。この世に明日を約束された者など誰ひとりいません。この瞬間も銃弾に怯えながら生きている人や病に侵されている人など一日一日、想像を絶するような環境で暮らす人々がいます。

 

私が毎年2月に訪れるフィリピンスラムの子供達はたった1本の歯ブラシすら買うことの出来ない極貧困層と呼ばれる人たちです。1日100円以下で暮らし慢性的な栄養不足により日本の子供達より平均的に身長も体重も低く、ちょっとした病気も重症化しやすいため15歳まで生きることが夢という子供たちがいます。今年も2月の8日から11日まで115名(高校生47名)の参加者と共に現地医療奉仕活動に行って参りますが、物資・カンパのご協力の程よろしくお願い致します。

 

そんな中、我が国の首相の新年の挨拶は金融政策、財政政策、成長戦略を第1位に掲げてさらに前に進んで行くというものでした。確かに経済はとても大事ですが、いつまでも本当にそれが1番でいいのでしょうか。物は溢れ、世の中どんどん便利になったとしても決して満足の出来ない人々が増えて行く国とは幸せと呼べるのでしょうか。今でさえ世界第3位の経済大国なのですから本当の幸せとは何なのかを国民一人一人が真剣に考えなければならないと思います。東京オリンピックにしてもそうですが見栄を張る必要はどこにもありません。新しい箱モノはオリンピック後の維持費も莫大にかかります。人口が減少しているのにオリンピックの為だけの競技施設などは作る必要はないのではないでしょうか。それよりも今までにない省エネと節約と低予算で最高のオリンピックが出来たとしたらどれだけすばらしいことでしょう。お金では決して買えない人の心を最大限集結させたオリンピックを目指していきたいですよね。

 

人の人生長くて100年、必ず人は年をとりやがて終の時を迎えます。高齢者がいつまでも長生きしたいと思えるような国づくり政策が今問われているのではないでしょうか。若者もいつかは必ず高齢者となる日が来る訳ですから支える者も支えられる者もいつかは自分という気持ちが大切だと思います。「奪い合えば無くなる、分け合えばあまる」誰かの不幸の上に存在する幸せなどあってはなりません。

今年もこうして働けることに感謝の気持ちを忘れず1年間さらに精進して参りたいと思います。

経堂 いまにし歯科診療所 院長 今西


 >>Blogメニューへ


2016年も残りわずか

(2016年12月14日 10:01 AM更新)


今年も残すところあとわずかとなりました。

東日本大震災から5年が経過しましたが未だ復興どころか全く手をつけられていない福島の原発問題やいつのまにか進んでいるTPP協定文書名、4月には震度7の熊本地震があり被災された方も多数に及びました。18歳選挙権施行後の参議院議員選挙、都知事選挙も行われました。8月11日が山の日として国民の祝日として施行されました。またスポーツにおいては私と同年生まれのイチロー選手が日米合算ですがピートローズ選手の世界安打記録を塗り替えました。リオ五輪、パラリンピックも無事終わり東京五輪へバトンが引き渡されました。男子プロバスケットボールのBリーグも開幕しました。国民的アイドルのSMAP解散宣言や歩きスマホなどで事故も相次いだポケモンGOも今年の出来事でしたね。本当に沢山のことがありましたが皆様にとっての2016年は如何な1年だったでしょうか。達成できたこと、やり残したこと、出会いや別れなどたくさんのことがあったと思います。

 

私にとってもこの1年は人生の中でとても節目になるものとなりました。それは、

「いまにし歯科診療所」をここ世田谷区経堂で7月4日に開院させていただいたことです。

40歳を過ぎての開業は平均からすれば少々遅いかもしれませんが、お一人お一人の患者さんをしっかりと診させて頂くために今まで学んできた勤務医としての時間は大変貴重なものであったと確信しています。経堂という町は老若男女幅広い世代の方がたくさんいらっしゃいます。診療所に訪れてくれる方々も同じで歯に対するお悩みや相談も子供の矯正から成人の顎関節症、御高齢者の入れ歯まで本当に千差万別です。

 

私は13年間恩師であります長野県北佐久郡御代田町林歯科診療所院長の林春二先生の下で歯科医師としてだけでなく人としての在り方を学ばせて頂いてきました。林先生は常々、医者は100点でなければならない、60点で満足している医者は10人患者が来ても4人はきちんと診れないだろと仰っていました。72歳を迎えた先生は今もなお日々勉強されています。私もまたその言葉を胸に13年間連続毎年学会で症例発表させて頂いております。今思うと10年以上も続けて学会発表している事よりもそれだけたくさんの患者さんに出逢い、そして大切な身体を診させて頂けていることに感謝しなければいけないということを決して忘れてはいけないと感じています。

 

私達医者、歯医者は患者さんがいて初めて医者、歯医者になれるのです。どんな時でもそのことを忘れず、これからも地域の方々に信頼して頂けるよう日々精進していきます。

今年一年有難うございました。2017年もどうぞ宜しくお願いします。

 

経堂 いまにし歯科診療所 院長 今西祐介


 >>Blogメニューへ


感謝

(2016年11月7日 1:32 PM更新)


先月の9日10日京都で行われた全国医療研究集会に行ってまいりました。この学会は医科、歯科、薬科、看護、衛生あらゆる分野合同の勉強会です。毎年全国様々な都市でこの時期行われる学会ですが私は今年で13年連続の参加となりました。今年は紅葉の時期の京都ともあって参加者が多数集いましたがそんな中、東京で開院させてもらって初めての症例発表となりましたが無事終えることが出来たことに日頃私を信じて通院してくださるすべての患者様に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

私がこの学会に参加し始めたきっかけは私の歯科医師としての師匠である長野県北佐久郡御代田町林歯科診療所院長の林春二先生の言葉があったからです。当時20代だった私に先生は「いいか祐介、症例発表の為の診療でなく全ての患者さんへの治療がどこに出しても恥ずかしくない診療をしなさい!そして勉強をしない先生に診てもらう患者さんほど不幸なものはない、お前に大切な身体を預けてくれる患者さんの為にしっかりと勉強しなさい!」と教えて下さいました。今年72歳を迎える私の師匠と京都の会場でお会いし良い発表だったよと声を掛けて頂きました。まだまだ師匠の背中は遠くに見えます。これからも感謝の気持ちを忘れず精進して行きたいと思いました。

 

そして10月は私にとって大変有難い出来事がありました。経堂の隣駅の千歳船橋にある桜丘ホールで10月14日(金)に講演会をさせて頂きました。地元を中心とした体操教室の時間をお借りし「歯は命の源」~一生自分の歯でを目指して~というタイトルでの講演にたくさんの方が来て下さいました。今までも小学校から大学そして企業や施設などたくさんのところで講演やお話をさせてもらってきましたが、それはあくまでも私の診療やボランティア活動、音楽活動などをあらかじめ知ってくださっている方々からの依頼があって行ってきたことですが、今回は開院してわずか1カ月ほどしかたたない私に患者さんが声をかけて下さったのです。

 

人間は決して一人では生きて行けません。人と人の繋がりが希薄なものとなりつつある現代社会で一開業医がこのような地元の方々の前でお話しさせて頂く機会を与えてもらえたことに感謝し地域医療にしっかりと貢献できるよう努めて参りたいと思っています。様々な職業がある中で我々医療従事者は最もありがとう等の感謝の言葉を発しない職業です。診療報酬を頂く際も支払う側の患者さんがありがとうございましたと言うことはあっても、我々からお大事にどうぞはあってもありがとうございましたと言うことはありません。ですから我々医療人は世間の常識からずれた存在になってしまうことも少なくはありません。20代で先生、先生と呼ばれ感謝の言葉を発しない、これでは本当にさみしい人間になってしまうでしょう。

 

私のモットーは「一医療人である前に一人の人間であれ」です。人として決して忘れてはならない感謝する心をハローアルソンフィリピン医療ボランティア活動を通して日々教えて頂いています。私の診療所には毎日のように支援物資やカンパが寄せられています。その都度言葉に出して「ありがとうございます」という言葉が診療室に響きます。病は医者が治すのではありません。人の心と技術が一つになり治すのです。まだまだ未熟な私ですが皆さんからたくさんのこと教えて頂きながら勘違いすることなく一生懸命頑張って参りたいと思います。お口のことだけでなくお身体のことなど何かございましたらいつでもご相談ください。宜しくお願いします。

 

経堂 いまにし歯科診療所 院長 今西祐介


 >>Blogメニューへ


3 / 41234

Blogメニュー

アーカイブ

キーワードで記事検索


>>Blogトップへ戻る